Operational Support 運用面の支援

 

Due to the growing diversity and flexibility of design and operation of work spaces, collecting feedback from occupants is increasigly essential in maintaining occupational wellness. To address this need, ideaship employs surveys, an established tool for understanding and evaluating worker's perception of indoor environmental conditions, wellness policies and their health and wellbeing. We make the feedback process effective and efficient by designing the survey in light of the context of each client, delivering it online for the client's use anywhere in the world in any language, and report the results in a clear and ready-for-use manner.

 

昨今では、働く場所(=執務空間)の多様性と柔軟性への期待が高まっています。より良い執務空間にしていく上で、私達は働くひとびとからのフィードバックを重視しています。各種アンケート調査サービスを通じて働き手の現状や課題を把握・分析し、各人が持つ力を最大限に発揮できる環境づくりをお手伝いします。

 

〇Occupant survey 建物利用者・就業者調査

 

We support occupant surveys in compliance with C03 (Occupant survey) prescribed in WELL Building Standard v2. We keep the survey process simple and its cost reasonable for the clients' ease of periodic collection of occupants' feedback.  We also support C04 (Enhanced occupant survey) upon request. 

 

建物利用者・就業者の屋内環境についての評価を、オンラインでのアンケート調査を通じて把握します。空気がよどんでないか、温度や湿度は快適か、明るさは十分かなど、屋内空間を幅広い視点で分析し、より良い空間に向けた提案をします。就業者を対象とした調査では、健康促進についての組織内サポートは十分かといった社内施策の観点も追加して調査・分析*します。

現在、学術的な研究動向も踏まえながら、就業者がワーク・エンゲージメントの高い状態(ポジティブな心理状態)で働ける空間・施策づくりに向けた総合的な分析枠組みの開発にも取り組んでいます。

 

*この調査はWELL Building Standardの「C04.利用者調査」をベースに設計しています。

 

〇Assessment of remote working environments リモートワーカーの執務空間調査

The pandemic has made workplaces more diverse and flexible than ever before. In order to maintain workers' health and wellbeing, various types of spaces besides conventional offices should become subject to assessment and feedback. ideaship has developed a framework for assessing and improving the wellness of remote working environments. We carefully analyze quantitative data to propose ways to create better remote working environments both individually and organizationally. 

コロナ禍の影響を受け、自宅やシェアオフィス、レンタルオフィス、カフェスペースなど多様な場所で働く機会が増えました。自分たちの裁量に応じて働く場所を選択できるようになったことのメリットが語られる一方で、リモートワークに適した作業空間や社内施策の未整備が課題となっているケースも散見されるようになっています。

私達は、健康・ウェルビーイングの観点から、リモート環境を中心とした執務空間の現状と課題を調査・分析し、具体的な改善案をご提示します。

 

さらに、こうしたアンケート調査に限らず、組織の運用に関わる課題について、関係者とのお話を通じて整理し、助言・提案をすることも手掛けています。

 

私達は、各現場の特長を活かす形で適用する、柔軟で地に足の着いた支援を行います。認証取得支援に関わらず、個別の課題に関する助言、提案、研修なども手掛けます。アドバイザーや顧問といったご支援の形も可能です。サービス内容のお尋ね、パートナーシップのご相談など、お気軽にお問い合わせください。