Lab activities 研究・実験活動

Picture tomorrow's offices これからのオフィスの姿を描く

 

コロナ禍の影響によって、そしてテクノロジーの発展にも促されて、働く場としてのオフィスはこれまでと同じではあり続けられないことが見えてきました。安全と健康をどう確保するかはもとより、オフィスという場所がどのような価値を提供できるのかという根本的な問いも避けて通れません。

この大きな問題に対して私達なりの答えを出していくために、2020年7月から、「これからのオフィスの姿を描く」プロジェクトを始めました。じっくり腰を据えて取り組み、考え方や構成要素を、言葉だけでなく、できるだけ目で見える形で表現していきたいと考えています。設計やビジュアルデザインの豊富な経験を持つ株式会社ウムラウトのご協力をいただいています。

 

Technologies for practicing WELL WELLを実践するための技術

 

Research and field testing of products and services related to WELL WELLに関連する製品・サービスの調査と試用

In order to design, build and operate built environment in accordance with WELL Building Standard, products and services compliant with its requirements are essential. We continuously conduct research on products and services that are readily available in the country or region where each project is located. For some of the products in the list, we pursue to check their effectiveness by our own use.
WELL building Standardに沿って建築空間を設計・施工・運用するには、規格が求める要求事項を満たす製品やサービスが欠かせません。私達は、各プロジェクトが立地する国・地域で無理なく入手可能な、WELLの意図に適う製品・サービスを継続的に調査しており、その一部については自ら使ってみることを通じて有効性を確認しています。

 

Environmental testing 環境測定

WELL Building Standard makes it an imperative to test various environmental factors such as air quality in order to put well-being in built environment into practice. We look into testing methodologies conductive to designing and running spaces, looking up WELL Performance Verification Guidebook and other relevant resources as a reference. 
WELL Building Standardは、建築空間におけるウェルビーイングを実現するために、空気質をはじめとする多様な環境要因を実測することを求めています。私達は、WELL Performance Verification Guidebookや他の関連資料も踏まえながら、空間の設計や運用に役立つ測定方法を研究しています。

 

Accessible and empowering technologies 多くの人にとって手が届き、自ら役立てることができる技術

 

We collect, apply, improve and disseminate technologies that are useful in solving challenges related to health and sustainability, available for the use of many people, and empowering communities. Currently, we are making attempts to practice the methodology for manufacturing face masks that can be used for medical purposes using commonly available materials, made public in April 2020 by the research team led by Dr. Mahesh M. Bandi, Associate Professor at Okinawa Institute of Science and Technology (OIST) Graduate School. 
健康や持続可能性に関連する課題の解決に有用で、多くの人が使うことができ、地域社会に力をもたらす技術の収集、適用、改善、普及に取り組んでいます。現在は、沖縄科学技術大学院大学(OIST)のマヘッシュ・バンディ准教授を中心とする研究チームが2020年4月に発表した、身近な材料を用いて高性能マスクを製造する方法を試行しています。

 

Field studies of work engagement ワークエンゲージメントの実地研究

 

We test our framework for monitoring and analyzing work engagement to evaluate its effectiveness and make improvements, both internally and at organizations who kindly offer to cooperate with us. With a view to capturing the contexts where each organization operates and each worker lives, we adopt an approach by which qualitative data is carefully analyzed in combination with quantitative analysis.
職場におけるワークエンゲージメントをモニタリング・分析するための枠組みを社内外でテストし、有効性の検証と改善を行っています。それぞれの組織や働き手が置かれたコンテクストを捉えるために、定性的なデータを丁寧に分析し、定量的分析と組み合わせるアプローチを採用しています。